コメントするときのパスワードには、自分の好きな文字を入れれば平気です◎                  


by posayokukorack
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

黄金の音色

こないだの日曜日、高校生の妹が吹奏楽部に入ってて、
定期演奏会があったので家族で見に言ってきました!

このブラスバンド部はかつて私も高校時代所属していたので
家族かつOGという立場で見させてもらいました。

今年からは、吹奏楽の指導者として福岡では有名なアノN先生が
我が部の顧問として就任して初の演奏会だったので
OGとしてはなんとも複雑な気分でした(^^;
お客さんもなぜか多い気がしたしw
まぁ近年実力をつけてきているからというのもあるだろうけど。

しかしまさか自分の母校の演奏会で
N先生が棒を振るのを見る日が来るとは思っていませんでしたw
パンフにも乗ってるんだよw
すげーーー不思議>_<

去年、N先生がうちの母校に赴任してきたと言う話を初めて聞いたときは
なんか反発心というかw
私のいた吹奏楽部に関わるな~!なんていう気分がしたものです(^^;

その先生の指導は厳しくてスパルタだみたいな変な噂があったもんで
高校時代からひどく、押し付けられるなんてまっぴらだ!みたいに思ってたからwwww

でも演奏会が始まって、彼らの演奏を聞いてたら
本当にうまくなってたし、
いい指導者に恵まれて本当によかったね、と言う気持ちでいっぱいになって
ちょっとうるっときてしまいました。OGだしw

思えば、私は本当に指導者に恵まれなかったな~とT_T

中学生のとき、初めて吹奏楽部に入って、
すごくうまくなる気満々で>_<
一緒に入ってた艶子とかと(なつかしーw)
吹奏楽名門校の演奏を聞きに行きまくっては
いつかうちらで部長副部長になってコンクール頑張ろう!
なんて言ってたもんです。(覚えてる!?w)

なのに、そんなやる気ある生徒の芽を摘むかのように
激しくやる気のなかった当時の顧問K。
名前も思い出すのがおぞましいくらいキモい男(´Д`;)

Kも楽器を吹けるヤツではあったが
ちっとも練習方法とか指導してくれた覚えがない。
たまに練習を見ても、「もっとちゃんと練習して」とか言うだけ。
何をどうしたらうまくなるのかサッパリだっつーの。

クラリネットでチャルメラみたいな音を出すやつがいても
放置だしΣ(゜Д゜;)
そんなんだからチャルメラが自分はうまいなんて勘違いしてるし・・・。
まじこっちは首絞めたくなるのに・・・( ̄Д ̄;)

もういい加減みかねて、私たち直談判しましたよ>_<
もっとこういう指導してほしい、とか
私たちはこういう曲をやりたい、とか
コンクールでの評価書を見せてほしい、とか。

なのに、
「君たちには関係ないでしょ」とか言って!!!!!?

関係ないわけねーーだろがYO!!???

全然話通じなかったし・・・

もうその日は本当に悔しくて悔しくて。
あんときばかりは家に帰って人目もはばからず
タオルを噛みながら悔し泣きしたし。
後にも先にも、家族の前であんなに泣いたのはあの時だけだわw

それまで2年間頑張ってきたけど、
もう私達のしたいことはできないと思って
艶子と一緒に退部届けを出しました。

出したときのKの発言がまたこれ・・・・
「君たちがこんなことするとは思わなかった」
だってw
ほんとばっかじゃねーのって感じ。
あいつほんときもかったわーw

うちら抜けて、チャルメラ野郎ばっかになったしね。
お気の毒にって感じでしたw

その後、高校行って、私はやっぱり吹奏楽やりたくなって
高校の吹奏楽部に入ったけど
中学のときより100倍もマシだったけど
やっぱり確固たる指導者はおらず・・+_+

まぁでもその頃には他にもやりたいこといっぱいあったし、
楽しめればいいやーって思ってたから
特に不満もなく最後まで続けられたけど。

それ以来、大学でも2年ほど吹奏楽部に所属していたけど
中学時代ほどの熱意は結局戻らなかった。
途中でアカペラ一本になったしww

でも今こうして母校に有能な指導者がやってきて
うまくなった演奏を聴いていたら
あのとき私もこんなふうに演奏できたらなー・・・
とふと思ったのでした。

音楽は、自分が楽しみながらやれればそれでいいと私も思うけど
やっぱりいい音でいい演奏ができることがもっとも喜びを感じる瞬間でもあると思うからなぁ。

そのN先生も、これまでの指導スタイルとは変えなければならないと言っていました。
生徒主導のうちの吹奏楽部では必然のことだと思います。

でもN先生は、この生徒たちの音を「黄金色です」と言っていました。
磨けばもっともっと光る、私も本当にそうだと思いました。

私も磨けば光る黄金色の時代はあったのかな。
磨いてたらどうなっていたのかな~。

そして指導者に恵まれた妹は、定期演奏会を最後に部活をやめました。
コンクールを本気で目指すからには運動会との両立は無理と生徒が判断したからだそうな。

もったいない・・・・・と姉は思う。
でも光る場所はもっと他の場所にもいっぱいあるのです。
若さほとばしる彼らには。

黄金色に輝く高校生が羨ましく思えた
そんな25歳の一日でしたorz
[PR]
by posayokukorack | 2007-05-03 18:20 | 出来事